初級システムアドミニストレータという国家資格の試験に頻出の内容のまとめ&解説と、 過去問題の出題例を記事にしています。取得を目指すみなさんの試験勉強に役立ててください。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  ネットワークの形態  2008.03.12.Wed / 22:23 
ネットワークとは、複数のコンピュータや端末装置を通信回線で接続して、
データの送受信を行う手段です。

※スタンドアロンとは、コンピュータを単体で使用する利用形態のことです。

ネットワークの形態には、「集中処理型」と「分散処理型」があります。
集中処理型とは、
中心部に大型コンピュータ(ホストコンピュータ)を設置して、
通信回線を使って各端末装置とデータのやり取りを行うシステムです。
定型業務を大量処理でき、機密保護やセキュリティ管理、運用管理が比較的容易です。
ただし、ホストコンピュータに障害があると、システムすべてがダウンしてしまいます。

分散処理型とは、
パソコン相互間を通信回線を使って接続し、データのやり取りを行うシステムです。
データを各パソコンに分散させるとともに、業務も各パソコンに分散させることができます。
ホストコンピュータの負荷を軽減することができ、処理のスピードも速くなります。
しかし、機器構成や処理が分散していることから、運用・保守が煩雑になり、障害時に原因究明などに時間がかかることもあります。

最近出題された用語!
垂直分散とは
クライアントサーバシステムに代表されるような、
大型コンピュータと端末を接続した処理形態です。
(例)営業所での処理をローカルのコンピュータで実行し、
全社に関わる処理は本社で実行する。

水平分散とは
それぞれがスタンドアロンで機能できるコンピュータを
ネットワークで接続した処理形態である。




↓この記事が参考になったと思われた方は、応援クリックお願いします♪ m(_ _)m



初級シスアド 平成16年度春 午前問43


 WAN で結ばれたサーバを使ったグループウェアのアプリケーションとして,画像情報を含む大量のデータを定期的に更新する必要がある商品カタログシステムと,リアルタイムの更新が要求される会議室予約システムを開発している。このグループウェアは,複数のサーバ間で自動的にデータベースの内容を一致させる複製機能があり,更新内容を複製元のデータベースから指定した時刻に複製先のデータベースに反映することができる。データ量とアプリケーションの運用面を考慮した場合,商品カタログシステムと会議室予約システムのデータベース配置として,最も適切なものはどれか。

ア 商品カタログシステム,会議室予約システム共に単一サーバ

イ 商品カタログシステム,会議室予約システム共に複製を使った分散配置

ウ 商品カタログシステムは単一サーバ,会議室予約システムは複製を使った分散配置

エ 商品カタログシステムは複製を使った分散配置,会議室予約システムは単一サーバ


解答  「エ」←ここをドラッグしてください。

解説  会議予約システムは、リアルタイムに更新するので、サーバが複数あると整合性の維持が困難です。つまり、単一サーバが適切です。それに対して、商品カタログシステムは大量のデータを定期的に更新するため、一つのサーバのみにデータが存在した場合に、負荷がかかりすぎる可能性があります。したがって、こちらは分散配置が適切です。
↑ここまでドラッグしてください。

-----------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育
No.8 / ネットワーク /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△

FC2カウンター

Since 29 January '06

ぽちっとお願いします♪

人気blogランキング
人気blogランキング

JRANKブログランキング
JRANKブログランキング

ナレコム学びのブログランキング
ナレコム 学びのブログランキング

ブログ内検索

BlogPeopleのリンクリスト

おすすめの参考書

CopyRight 2006 yozoのシスアドへの道 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。