初級システムアドミニストレータという国家資格の試験に頻出の内容のまとめ&解説と、 過去問題の出題例を記事にしています。取得を目指すみなさんの試験勉強に役立ててください。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  E-R図  2007.11.03.Sat / 14:02 
エンティティ(実体)は四角形で、
リレーションシップ(関係)はひし形で表します。
シスアド試験でのE-R図は、表(エンティティ)の関係(リレーションシップ)を『(1)→(多)』で表すものがほとんどです。
ですから、表の項目名を『(1)→(多)』の矢印で結べばよいのです。

※エンティティは「社員」などのように社員全体を表すものです。個々の社員を表しているものではありません。個々の社員を表すデータは、インスタンスと呼ばれます。

本日のポイント!

表の項目名を『(1)→(多)』の矢印で結べ!


↓この記事が参考になったと思われた方は、応援クリックお願いします♪ m(_ _)m
スポンサーサイト
テーマ:検定 - ジャンル:学校・教育
No.7 / データベース /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△

FC2カウンター

Since 29 January '06

ぽちっとお願いします♪

人気blogランキング
人気blogランキング

JRANKブログランキング
JRANKブログランキング

ナレコム学びのブログランキング
ナレコム 学びのブログランキング

ブログ内検索

BlogPeopleのリンクリスト

おすすめの参考書

CopyRight 2006 yozoのシスアドへの道 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。