初級システムアドミニストレータという国家資格の試験に頻出の内容のまとめ&解説と、 過去問題の出題例を記事にしています。取得を目指すみなさんの試験勉強に役立ててください。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  減価償却  2007.04.17.Tue / 10:40 

減価償却

固定資産の使用による価格低下分は、費用として計上するとともに、固定資産からその分を減少させることが必要となります。これを減価償却といい、その費用とされる分を減価償却費といいます。



  1. 定額法

    毎期一定額を償却する方法です。

    償却額=(取得価格残存価格)÷耐用年数


    • 取得価格
      その物品を購入したときの価格です。


    • 残存価格
      減価償却終了後(耐用年数終了後)の価格です。通常は取得価格の10%です。


    • 耐用年数
      減価償却を行う年数です。


  2. 定率法

    償却額=帳簿価格×償却率

    ※帳簿価格
    未償却残高のことです。前年の減価償却する前の価格から前年の減価償却分を引いた後の価格のことです。



↓この記事が参考になったと思われた方は、応援クリックお願いします♪ m(_ _)m



初級シスアド 平成16年度秋 午前問66


 当期末における残高試算表(一部分)から当期の建物の減価償却費を計算すると,何千円になるか。ここで,償却方法は定額法,耐用年数は 20 年とし,残存価額は取得価額の 10 %とする。


              残高試算表     単位  千円
   ─────────────┼──────────────
    建物       10,000 |建物減価償却累計額  3,600 



ア 270     イ 320     ウ 450     エ 500


解答  「ウ」←ここをドラッグしてください。

解説  平成13年度秋期午前問66と同じ問題です。取得額は10,000千円で残存価額は10%(1,000千円)ですから,9,000千円が償却対象となります。これを20年の定額法で償却しますから,毎年度の償却額は9,000/20=450千円になります。
   ↑ここまでドラッグしてください。


-----------------------------------------------------------------

初級シスアド 平成15年度春 午前問67

 定率法による減価償却費の計算式はどれか。

ア (取得価額-減価償却累計額)× 償却率

イ (取得価額-減価償却累計額)÷ 耐用年数

ウ (取得価額-残存価額)× 償却率

エ (取得価額-残存価額)÷ 耐用年数


解答  「ア」←ここをドラッグしてください。

-----------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
テーマ:資格 - ジャンル:学校・教育
No.64 / 業務知識 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△

FC2カウンター

Since 29 January '06

ぽちっとお願いします♪

人気blogランキング
人気blogランキング

JRANKブログランキング
JRANKブログランキング

ナレコム学びのブログランキング
ナレコム 学びのブログランキング

ブログ内検索

BlogPeopleのリンクリスト

おすすめの参考書

CopyRight 2006 yozoのシスアドへの道 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。