初級システムアドミニストレータという国家資格の試験に頻出の内容のまとめ&解説と、 過去問題の出題例を記事にしています。取得を目指すみなさんの試験勉強に役立ててください。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  基幹業務システム開発の流れ  2007.05.01.Tue / 07:11 
基幹業務とは、企業の経営活動の根幹となる業務活動のことです。このような企業の基幹業務の全部または一部をコンピュータ化したものを、
基幹業務システムといいます。

基幹業務システムは次のような流れで開発されます。

  1. 基本計画

    作成しようとするシステムでどのような業務をどこまで処理するか、目的と概要を示します。(要求仕様書の作成。)


  2. 外部設計

    基本計画での検討結果を基に、操作に当たっての入力画面や出力画面、帳票印刷の書式などシステムのユーザインタフェースの設計を行います。


  3. 内部設計

    外部設計での検討内容を受けて、コンピュータ内部でどのような処理を行えばよいかや機能分析などの検討を行い、ファイル設計やプログラムモジュール(一つの機能を部品化したプログラム)の果たすべき役割を具体的に決定します。


  4. プログラム設計


  5. プログラミング


  6. テスト


  7. 運用・保守


上記の段階のうち、シスアドはエンドユーザの代表として、赤字のものに積極的に積極的にかかわることになります。


↓この記事が参考になったと思われた方は、応援クリックお願いします♪ m(_ _)m





初級シスアド 平成16年度秋 午前問62

 情報システム化計画を立案するときに考慮すべき事項はどれか。

ア 運用を考えて,できるだけ自社の社員で開発するよう検討を進める。

イ 失敗を避けるため,同業他社を調査し,同じシステムにする。

ウ 情報化の構想,運用マニュアル及び障害対策を具体的に示す。

エ 情報システムの有効性及び投資効果を明確にする。



解答  「エ」←ここをドラッグしてください。

解説  平成15年度春期午前問64と,問題文や選択肢の言い回しが異なるだけの同じ内容の問題です。情報システムに限らず計画の立案では,計画導入の有効性と投資効果を調査して明確にします。この調査を,フィージビリティスタディ(実現可能性調査)といいます。
   ↑ここまでドラッグしてください。

-----------------------------------------------------------------

初級シスアド 平成16年度春 午前問40

 大規模なシステム開発におけるユーザ部門の役割に関する記述として,最も適切なものはどれか。

ア ユーザ部門の責任者は,導入されたシステムに対して,投資効果については考慮せず,ユーザ部門が要求する追加機能を開発部門に受け入れさせる努力をする。

イ ユーザ部門は,開発部門によって開発されたシステムを利用する立場であるから,システムの開発には介入せず,開発部門に一任するのがよい。

ウ ユーザ部門は,システム開発における成果物に対して,業務的観点から内容確認を行うが,プログラムの詳細な設計については開発部門に任せる。

エ ユーザ部門は,積極的にシステム開発に参画し,さまざまな助言をする必要があるので,業務知識は少なくてもコンピュータについての知識が豊富な人を優先して参画させる。


解答  「ウ」←ここをドラッグしてください。

解説  
ア→投資効果を無視はできません。
イ→業務に関する経験が豊富ではないので、ユーザの介入は不可欠です。
エ→コンピュータの専門性より、業務知識が優先されなければなりません。

   ↑ここまでドラッグしてください。


-----------------------------------------------------------------


初級シスアド 平成15年度春 午前問41


 基幹業務システムの改革を目標としてプロジェクトを推進するとき,テスト段階になって仕様の不具合が判明し,作業の大幅な手戻りが発生することがある。要求仕様の作成段階でのシステムアドミニストレータの行動のうち,手戻り発生の原因となり得るものはどれか。

ア 現場の要求を漏れなく取りまとめ,優先順位をつけて情報システム部門へ提示した。

イ 情報システム部門に要件のポイントを伝え,要求仕様の作成以降の作業は情報システム部門に任せた。

ウ 要求仕様が的確に定義されているかどうかを,情報システム部門と連携してプロトタイプで確認した。

エ 要求仕様はユーザ主体で作成し,画面や帳票などの外部仕様はユーザ側で決めた。


解答  「イ」←ここをドラッグしてください。

解説  手戻り発生の原因となるものは,ユーザ側と開発側とのコミュニケーション不足があります。新システムの仕様に関して,開発側に要求仕様を任せる範囲が増えると手戻りの原因となります。
   ↑ここまでドラッグしてください。


-----------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
テーマ:資格 - ジャンル:学校・教育
No.60 / システム /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△

FC2カウンター

Since 29 January '06

ぽちっとお願いします♪

人気blogランキング
人気blogランキング

JRANKブログランキング
JRANKブログランキング

ナレコム学びのブログランキング
ナレコム 学びのブログランキング

ブログ内検索

BlogPeopleのリンクリスト

おすすめの参考書

CopyRight 2006 yozoのシスアドへの道 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。