初級システムアドミニストレータという国家資格の試験に頻出の内容のまとめ&解説と、 過去問題の出題例を記事にしています。取得を目指すみなさんの試験勉強に役立ててください。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  基幹業務システム開発の技法  2007.04.29.Sun / 10:25 
  1. ウォータフォールモデル

    ウォータフォールモデルは、システム開発の各フェーズでレビューを行いながら、上位フェーズ(基本設計)から下位フェーズ(テスト)に向けて順番に進める開発手法です。
    後戻りしない開発方法で、比較的大規模なシステム開発に向いた方法です。


  2. プロトタイピングモデル

    プロトタイピングモデルは、システム開発の早期段階で試作品(プロトタイプ)を作り、ユーザの要求を確認しながらシステムを完成させる開発手法です。比較的小規模なシステムの開発に向いた方法です。


  3. スパイラルモデル

    スパイラルモデルは、システム全体をいくつかのサブシステムに分割し、小さなサブシステムを作成・テストし、ユーザの要求などにも対処しながら徐々にシステム全体を構築していく開発手法です。設計・プログラミング・テストの三大工程をサブシステムごとに繰り返していくことになります。

なお、システム開発にかかるコストは従来、プログラムの行数や、実行されるステップ数を基に算出されてきましたが、最近では、あたらいいコストの算出方法が求められるようになってきました。
その一つのファンクションポイント法は、開発するシステムのもとう機能(ファンクション)の複雑さを計算し、それによってコストを算出します。


↓この記事が参考になったと思われた方は、応援クリックお願いします♪ m(_ _)m



初級シスアド 平成17年度秋 午前問29


 A社営業部が,4か月後の実稼働を希望するシステムの開発を情報システム部に依頼したところ,社内で開発すると実稼働までに5か月かかるという回答であった。そこで,情報システム部と相談した結果,開発の実績がある外部ソフトハウスに開発を依頼することになった。このとき,システムの品質を維持しつつ4か月で安全に稼働させるために検討してもらう内容として,最も適切なものはどれか。ここで,開発モデルはウォータフォールモデルとする。

ア 外部設計作業の開始と同時に,内部設計・プログラミングの作業を並行して行うことを検討してもらう。

イ 内部設計書などのドキュメントは,システムの稼働後に後追いで作成することを検討してもらう。

ウ 内部設計・プログラミング・単体テストなどの各工程の中で,並行作業が可能なように開発要員を投入することを検討してもらう。

エ 要求定義・外部設計・内部設計の結果について,内部設計終了時点でまとめてレビューすることを検討してもらう。



解答  「ウ」←ここをドラッグしてください。

解説  平成15年度春期午前問32と,問題文の言い回しが異なるだけの同じ内容の問題です。アは,ウォータフォールモデルでは順を追って開発を進めなければならないので不適切です。イは,ドキュメントを次工程で用いることから不適切です。エは,工程ごとにレビューを行わないと収拾がつかない事態になりうるので不適切です。
   ↑ここまでドラッグしてください。


-----------------------------------------------------------------


初級シスアド 平成17年度秋 午前問30

 ソフトウェア開発手法の一つであるプロトタイピングの特徴の記述として,適切なものはどれか。

ア 基本計画,外部設計,内部設計,プログラム設計,プログラミング,テストの順に工程を進めていくので,全体を見通すことができ,スケジュールの決定や資源配分が容易にできる。

イ システム開発の早い段階で試作品を作成するので,ユーザ部門と開
発部門との認識のずれやあいまいさを早期に取り除くことができる。

ウ ソフトウェアを仕様変更の可能性があるものとないものに分類し,仕様変更の可能性があるものについては,作成,見直し,変更のプロセスを繰り返す。

エ 大規模アプリケーションを独立性の高い部分に分割し,その部分ごとに設計,プログラミング,テストの工程を繰り返し,徐々にその開発範囲を広げていく。


解答  「イ」←ここをドラッグしてください。

解説  平成16年度春期午前問31と,解答群の選択肢の一部が異なるだけの同じ内容の問題です。プロトタイピングでは,早期に試作品(プロトタイプ)を作成してユーザ部門と仕様を詰めるので,思い違いやあいまいな部分を減らせるのが特徴です。
   ↑ここまでドラッグしてください。


-----------------------------------------------------------------


初級シスアド 平成17年度春 午前問28


 プロトタイピング開発手法の特徴として,適切なものはどれか。

ア システム開発の初期段階で試作品を作成して,利用者の要求を明確にすることによって,仕様を評価・確定し開発を推進する。

イ データ処理やシステム操作を手続の流れとしてとらえるのではなく,“もの”及びその関係としてとらえて設計し,開発を推進する。

ウ 部分的な機能の開発から始めて,順次,機能の拡張・改善を繰り返して利用者の要求に対処しながら開発を推進する。

エ 要求定義からテストまでの各作業工程を明確に区切り,上位工程から順次,レビューと検証を行いながら開発を推進する。


解答  「ア」←ここをドラッグしてください。

解説  平成16年度春期午前問31の類題です。プロトタイピングでは,早期に試作品(プロトタイプ)を作成してユーザ部門と仕様を詰めるので,思い違いやあいまいな部分を減らせるのが特徴です。
   ↑ここまでドラッグしてください。


-----------------------------------------------------------------


初級シスアド 平成17年度春 午前問36

 ファンクションポイント法の説明として,適切なものはどれか。

ア 開発するプログラムのステップ数を基に,開発規模を見積もる方法

イ 開発プロジェクトで必要な作業をブレークダウンしながら,各作業の工数を見積もる方法

ウ 外部入出力や内部論理ファイルの数と開発の難易度から,システムの開発規模を見積もる方法

エ 過去の類似例を探し,その実績を参考に開発規模を見積もる方法


解答  「ウ」←ここをドラッグしてください。

解説  平成12年度秋期午前問17と,問題文と選択肢の一部が異なるだけの同じ問題です。ウがファンクションポイント法の説明です。
   ↑ここまでドラッグしてください。


-----------------------------------------------------------------


初級シスアド 平成16年度秋 午前問31


 ソフトウェア開発のプロセスモデルのうち,開発サイクルごとにリスクを最小にしながら,開発サイクルを繰り返すことによって,システムの完成度を高めていくプロセスモデルはどれか。

ア インクリメンタルモデル     イ ウォータフォールモデル

ウ スパイラルモデル        エ プロトタイピングモデル


解答  「ウ」←ここをドラッグしてください。

解説  スパイラルモデルでは,まず小さな機能範囲に限定したシステムを作り,これをもとにユーザの要求に対処しながら,徐々に機能範囲の拡大と改良を加えてシステムを完成させます。
   ↑ここまでドラッグしてください。


-----------------------------------------------------------------


初級シスアド 平成16年度春 午前問31

 ソフトウェア開発手法の一つであるプロトタイピングの特徴の記述として,適切なものはどれか。

ア 基本計画,外部設計,内部設計,プログラム設計,プログラミング,テストの順に工程を進めていくので,全体を見通すことができ,スケジュールの決定や資源配分が容易にできる。

イ システム開発の早い段階で試作品を作成するので,ユーザ部門と開発部門との認識のずれやあいまいさを取り除くことができる。

ウ ソフトウェアを仕様変更の可能性があるものとないものに分類し,仕様変更の可能性があるものについては,作成,見直し,変更のプロセスを繰り返す。

エ 大規模アプリケーションを独立性の高い部分に分割し,その部分ごとに設計,プログラミング,テストの工程を繰り返し,徐々にその開発範囲を広げていく。


解答  「イ」←ここをドラッグしてください。

解説  他の開発手法がウォータフォールモデルやスパイラルモデルと,「モデル」を付けるのに対し,試験問題ではプロトタイピングのみ「モデル」を付けずに表記します。プロトタイピングでは,早期に試作品(プロトタイプ)を作成してユーザ部門と仕様を詰めるので,思い違いやあいまいな部分を減らせるのが特徴です。
   ↑ここまでドラッグしてください。


-----------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
テーマ:資格 - ジャンル:学校・教育
No.59 / システム /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△

FC2カウンター

Since 29 January '06

ぽちっとお願いします♪

人気blogランキング
人気blogランキング

JRANKブログランキング
JRANKブログランキング

ナレコム学びのブログランキング
ナレコム 学びのブログランキング

ブログ内検索

BlogPeopleのリンクリスト

おすすめの参考書

CopyRight 2006 yozoのシスアドへの道 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。