初級システムアドミニストレータという国家資格の試験に頻出の内容のまとめ&解説と、 過去問題の出題例を記事にしています。取得を目指すみなさんの試験勉強に役立ててください。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  ISO9000シリーズ・ISO14000シリーズ  2007.04.12.Thu / 13:01 
1.ISO9000シリーズ
ISO9000シリーズは製品の品質管理や品質保証に関する国際規格として1980年代に制定されましたが、2000年に改訂されました。これにより、品質管理の企画から品質マネージメントの規格として再構築され、全ての業種に適合するものになりました。そして、お客様がどのくらい満足してくれるか、つまり、「顧客満足度の向上の最大化」を最重要課題とするようになりました。

2.ISO14000シリーズ
環境マネージメントプログラムを作成して、環境負荷を減らすことを目指します。


↓この記事が参考になったと思われた方は、応援クリックお願いします♪ m(_ _)m



初級シスアド 平成17年度秋 午前問55

 “JIS Q 9001:2000(ISO 9001:2000)品質マネジメントシステム―要求事項” に規定されている経営者の責任はどれか。

ア 経営者は,品質マネジメントシステムの構築及び実施,改善に対するコミットメントの証拠を示さなければならない。

イ 組織内の部門,階層ごとの品質目標は,経営者が設定しなければならない。

ウ 品質管理の責任は経営者にあるので,権限を委譲することなく,必要なプロセスの確立,実施及び維持を確実にしなければならない。

エ 不具合又は不満足な状況に陥った場合,それが是正されるまで,経営者は後工程への進行を止めなければならない。


解答  「ア」←ここをドラッグしてください。

解説  情報セキュアド試験の,平成14年度午前問33と,問題文の一部が異なるだけの同じ内容の問題です。ISO 9001:2000の「経営者の責任(Management responsibility)」では,経営者のコミットメント(Management commitment)として,「トップマネジメントは,品質マネジメントシステムの構築及び実施,並びにその有効性を継続的に改善することに対するコミットメントの証拠を次の事項によって示すこと。~」としています。
↑ここをドラッグしてください。


-----------------------------------------------------------------


初級シスアド 平成17年度秋 午前問56


  JIS Q 9001:2000(ISO 9001:2000)に基づく品質マネジメントの活動はどれか。

ア 潜在的な問題点に対する予防措置は現場レベルで行うものであり,マネジメントレベルには報告していない。

イ 第三者による監査が定期的に行われるので,社内での監査は行っていない。

ウ 品質に関する記録は,関係者間での情報共有化のためにサーバに保管している。

エ プロジェクトが自社社員と協力会社社員から構成されているが,品質方針は自社社員にだけ伝えている。

解答  「ウ」←ここをドラッグしてください。

解説  ISO 9001:2000では,品質管理システム(Quality Management System)を確立・実行・維持し,プロセスの改善を推進します。そのために,知識の共有(情報共有化)を進めます。
    ↑ここをドラッグしてください。

-----------------------------------------------------------------


初級シスアド 平成17年度春 午前問55


 ISO 9001:2000 の認定に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 1回認定されると,資格は半永久的に有効である。

イ サービス産業を含まず,製造業を対象に認定する。

ウ 認定をする審査登録機関は,1国につき1機関である。

エ “品質マネジメントシステムの国際規格要求事項を満たす組織”を認定する。

解答  「エ」←ここをドラッグしてください。

解説  平成13年度春期午前問56と,問題文や選択肢が一部異なっていますが,同じ内容の問題です。
ア  認証後も定期審査があります。
イ  もともとは製造業を対象にしていましたが,その後の改定により,サービス産業も対象に加わりました。
ウ  我が国におけるISO9000シリーズの認証は,(財)日本適合性認定協会が認定した審査登録機関が行います。審査登録機関は複数あります。

↑ここまでドラッグしてください。

-----------------------------------------------------------------


初級シスアド 平成16年度春 午前問57


 ISO 9000 シリーズの主たる目的はどれか。

ア 顧客満足度の向上を目指した品質マネジメントシステムの規格を提供する。

イ 最新の品質管理メソドロジーとツールを提供する。

ウ ソフトウェア開発工程とアクティビティを提供する。

エ プロジェクトが行うべき品質管理アクティビティを提供する。



解答  「ア」←ここをドラッグしてください。

解説  ISO9000シリーズは,1987年の制定当時は「品質システム」に関する国際規格を定めていました。その後2000年の改訂で「品質システム」から「品質マネジメントシステム」に呼称が変わり,顧客満足度の測定およびモニタリングが要求事項に加わりました。なおISO14001は、環境マネジメントシステムについて規定しています。
↑ここまでドラッグしてください。

-----------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
テーマ:資格 - ジャンル:学校・教育
No.27 / 業務知識 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△

FC2カウンター

Since 29 January '06

ぽちっとお願いします♪

人気blogランキング
人気blogランキング

JRANKブログランキング
JRANKブログランキング

ナレコム学びのブログランキング
ナレコム 学びのブログランキング

ブログ内検索

BlogPeopleのリンクリスト

おすすめの参考書

CopyRight 2006 yozoのシスアドへの道 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。