初級システムアドミニストレータという国家資格の試験に頻出の内容のまとめ&解説と、 過去問題の出題例を記事にしています。取得を目指すみなさんの試験勉強に役立ててください。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  新QC七つ道具  2007.04.11.Wed / 09:44 
新QC七つ道具は、数値ではなく、言葉などを対象とするところに特徴があります。

1.連関図法
発生した問題について、その原因と結果、目的と手段の関係を次々と図示することによって、解決作業の全体像(問題の構造)を明らかにするものです。

2.親和図法
複雑な問題点を整理するための手法です。意見やアイディアをカードに書いて、それらの親和性によってグルーピングし、全体として解決すべき問題の大きな方向を確定します。

3.系統図法
ある目的を達成するために必要な手段を明らかにする手法です。目的からその手段をまた新しい(下位の)目的として、次々とそれを遂行するための手段を明らかにします。

4.マトリックス図法
現在の状況とそれに対してとるべき手段など、対になる要素をそれぞれ縦と横に並べ、縦・横の交点に各要素の関連の有無や度合いを示すことにより、各要素の関係を分析する手法です。

5.マトリックスデータ解析法
ある現象を解析するにあたって数値データが多種類ある場合、お互いの関係を把握するため、それぞれの組合せについて散布図を作成し、相関関係を明らかにする手法です。

6.PDPC
PDPC(過程決定計画図)法とは、最終的に達成すべき目的がはっきりと定められているときに、事前に予想される問題点を想定して、目的に到達するための最適な過程を導く手法です。

7.アローダイアグラム
一連の作業を遂行するために必要な日程や肯定を管理する図です。工程の順序関係を整理して矢印で結ぶとともに、それぞれの工程で必要な日数を記入します。日程計画図、PERT図とも呼ばれます。


↓この記事が参考になったと思われた方は、応援クリックお願いします♪ m(_ _)m




初級シスアド 平成17年度秋 午前問67

 アローダイアグラムが最も有効に活用される事例はどれか。


ア 新製品の発表会に際し,会場の準備や関係者への連絡など,落ち度がないような計画を立てる。

イ 建物の設計・施工に際し,幾つかの作業をどのような手順で進めれば工程に遅れが出ないかを管理する。

ウ テーマの選定に際し,解決すべき重要な問題は何かを探るために,問題点を絞り込む。

エ 取引価格の改定交渉に際し,相手の出方を想定して,幾つかの代替案を準備する。


解答  「イ」←ここをドラッグしてください。



-----------------------------------------------------------------


初級シスアド 平成17年度春 午前問44


 プロジェクトを達成するのに必要な作業を矢線で,作業の結合点を○印で表し,所要日数やコストを示して日程計画を立てるのに効果的な図はどれか。

ア PDPC            イ アローダイアグラム

ウ ガントチャート       エ 管理図

解答  「イ」←ここをドラッグしてください。

解説  作業計画や日程計画に利用される手法として,PERT(Program Evaluation and Review Technique)があります。アローダイアグラムは,そのPERTで利用される図です。
↑ここまでドラッグしてください。

-----------------------------------------------------------------


初級シスアド 平成17年度春 午前問70

 連関図法に関する説明として,適切なものはどれか。

ア 事態の進展とともにいろいろな結果が想定される問題について,望ましい結果に至るプロセスを定める方法である。

イ 複雑な要因の絡み合う事象について,その事象間の因果関係を明らかにする方法である。

ウ ブレーンストーミングを行い,収集した情報で似た内容のものをグループ化し,解決すべき問題点を明確にする方法である。

エ 目的・目標を達成するための手段・方策を順次展開し,最適手段・方策を追求していく方法である。

解答  「イ」←ここをドラッグしてください。

解説  平成14年度秋期午前問73の,内容が裏返しになったような問題です。連関図法では連関図を作成して,事象間の因果関係を明らかにすることによって,問題の本質を明らかにします。
↑ここまでドラッグしてください。

-----------------------------------------------------------------


初級シスアド 平成16年度秋 午前問39


 プロジェクトの日程計画を作成するのに適した技法はどれか。

ア PERT        イ 回帰分析    

ウ 時系列分析     エ 線形計画法



解答  「ア」←ここをドラッグしてください。

解説  PERTは個々の作業の相互関係をアローダイアグラムを用いて図示し、仕事全体の進捗状況を把握して工程上の問題点を発見し、時間やコストを考慮しながら計画の進行を統制する技法です。

イ→回帰分析は2つ以上の要素の関係が強いときに、その因果関係をグラフに点として表し、最小二乗法により予測の値と実際の値との誤差の2乗の和が最小となる傾向線(回帰直線)を見つけて将来を予測する方法です。主に需要予測などで用いられます。

ウ→時系列分析とは、時間とともに変化する過去のデータから一定の傾向を見つけて将来を予測する方法です。

エ→線形計画法は、1次式で表される制約条件のもとで、目的関数を最適化する解を求める手法です。製造能力を考慮した上での最大利益を計算するときなどに使用します。

↑ここまでドラッグしてください。

-----------------------------------------------------------------


初級シスアド 平成16年度秋 午前問71

 分析対象としている問題に数多くの要因が関係し,それらが相互に絡みあっているとき,原因と結果,目的と手段といった関係を追求していくことによって,因果関係を明らかにし,解決の糸口をつかむための図はどれか。

ア アローダイアグラム     イ パレート図

ウ マトリックス図       エ 連関図


解答  「エ」←ここをドラッグしてください。

解説  平成14年度秋期午前問73の類題です。連関図は,問題点とその原因の関係を図式化した図です。
↑ここまでドラッグしてください。

-----------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
テーマ:資格 - ジャンル:学校・教育
No.26 / 業務知識 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△

FC2カウンター

Since 29 January '06

ぽちっとお願いします♪

人気blogランキング
人気blogランキング

JRANKブログランキング
JRANKブログランキング

ナレコム学びのブログランキング
ナレコム 学びのブログランキング

ブログ内検索

BlogPeopleのリンクリスト

おすすめの参考書

CopyRight 2006 yozoのシスアドへの道 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。