初級システムアドミニストレータという国家資格の試験に頻出の内容のまとめ&解説と、 過去問題の出題例を記事にしています。取得を目指すみなさんの試験勉強に役立ててください。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  IPアドレス  2008.07.21.Mon / 18:03 
IPアドレスとは、
ネットワークに接続されたコンピュータそれぞれにユニークな(重複しない唯一つの)識別番号が割り当てられたものです。通常32ビット(32けたの2進数)で成り立っています。人間が理解しやすいように、8ビットずつの4つのパート(オクテット)に分けて、それぞれのパート(オクテット)を10進数に直して表記します。

現在の主流の規格IPv4方式では、2^32(42億9496万7296)台分のIPアドレスが貸与できます。
IPアドレスの不足を根本的に解決するため、IPv6方式も表れました。これは、128ビット、
つまり2^128(約3.4×10^38)台分のIPアドレスが貸与可能です。


(1)プライベートIPアドレス
ひとつのLAN内限定のIPアドレスです。

(2)グローバルIPアドレス
LAN内でプライベートIPアドレスを使用するコンピュータのような、外部ネットワークに直接接続することができないコンピュータに代わって、外部ネットワークにアクセスするコンピュータに割り当てられるIPアドレスです。
このとき、外部に接続するコンピュータをProxy(プロキシ、代理)サーバといいます。
LAN内のコンピュータのプライベートIPアドレスが外部へ漏洩することを回避できます。

ちょっと注意!

IPアドレスは、コンピュータに割り当てられる識別番号で、MACアドレスはNICに割り当てられる識別番号です。ですから、NICを交換してもコンピュータのIPアドレスは変わりません♪



↓この記事が参考になったと思われた方は、応援クリックお願いします♪ m(_ _)m
スポンサーサイト
テーマ:資格 - ジャンル:学校・教育
No.13 / ネットワーク /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  インターネットの接続  2008.04.13.Sun / 17:33 
インターネットへの接続形態
インターネットへ接続するための接続業者のことをインターネットサービスプロバイダまたは
単にプロバイダといいます。
インターネットへの接続形態には、主としてダイヤルアップIP接続専用線IP接続などがあります。

ダイヤルアップIP接続
アクセスポイントというプロバイダの電話番号に電話をかけてインターネットに接続する方式です。

専用線IP接続
プロバイダとの間に高速専用回線を設置し、常時インターネットに接続する方式です。

インターネットへの接続方法
1.公衆回線
アナログ電話回線
いわゆる普通の電話回線のことです。モデムを使用します。インターネットをしていると、その間電話は通じません!また、通信するだけ電話代がかかります。(従量制です。)通信速度も56kbpsと、遅いです。

※モデム
ディジタル信号をアナログ信号に変換したり、アナログ信号をディジタル信号に変換したりする装置です。モデムの性能は通信速度で決まります。通信速度とは、1秒間に何ビットのデータを送受信できるかを数値で表したものです。単位にはbps(bit per second ビット/秒)が使われます。

ISDN
ISDNは、総合サービスディジタル通信網と訳されるディジタル通信サービスです。TA(ターミナルアダプタ)とDSU(ディジタル回線接続装置)を使用します。
最大の特徴は1本の回線で複数の接続先と通信できることです。
INSネット64では、64kbpsのBチャネル2本と16kbpsのDチャネル1本の合計3本のチャネルを同時に使用することができます。2本のBチャネルを束ねて128kbpsの通信速度を実現することも可能です。なお、Dチャネルは、電話のダイヤル信号や呼出信号、キャッチホンの信号など各種制御信号を伝送するためのチャネルです。

2.携帯電話・PHS
携帯電話やPHSを使ってインターネットに接続することができます。通信速度は9.6kbps~28.8kbpsと遅いですが、外出先からでもインターネットに接続できるというメリットがあります。
使用するPHSがPIAFS(ピアフ)に対応した機種であることが必要です。エッジカードを使用する通信もこれにあたります。

3.ブロードバンド
高速常時通信回線を総称してブロードバンドと呼ぶこともあります。
反対語はナローバンドといいます。

ADSL
ADSL(ディジタル加入者線)とは、アナログ電話用の銅線(メタルケーブル)を使って、データを高速に伝送するディジタルデータ通信技術の総称です。

ADSL回線と電話回線を同時に利用するためには、音声信号とデータ信号とを分離させるスプリッタと呼ばれる装置を電話回線とADSLモデムとの間に接続する必要があります。(電話を使わないのなら、スプリッタは不要です。)
ADSLの通信速度は通信事業者が提供するサービスの種類や、各地の電話番号を管轄する収容局からの距離(約2km以内)、通信回線の品質などによって大きく左右され、数百kbps~数十Mbps程度となっています。

CATV
ケーブル・モデムを使用します。
1本の回線を複数ユーザが使用するので、時間帯によって混み合うこともあります。

FTTH
光ファイバ網を各家庭にまで引き込み40Mbps~100Mbpsの通信速度を実現する超高速ネットワークサービスです。

ちょっと注意!

モデムとパソコン、TAとパソコンの接続は、
RS-232Cストレートケーブルを使う!

ADSLモデムとパソコンの接続には、
ツイストペアケーブルを使う!




↓この記事が参考になったと思われた方は、応援クリックお願いします♪ m(_ _)m



▽過去問題出題例はコチラ
テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育
No.16 / ネットワーク /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  ネットワークの形態  2008.03.12.Wed / 22:23 
ネットワークとは、複数のコンピュータや端末装置を通信回線で接続して、
データの送受信を行う手段です。

※スタンドアロンとは、コンピュータを単体で使用する利用形態のことです。

ネットワークの形態には、「集中処理型」と「分散処理型」があります。
集中処理型とは、
中心部に大型コンピュータ(ホストコンピュータ)を設置して、
通信回線を使って各端末装置とデータのやり取りを行うシステムです。
定型業務を大量処理でき、機密保護やセキュリティ管理、運用管理が比較的容易です。
ただし、ホストコンピュータに障害があると、システムすべてがダウンしてしまいます。

分散処理型とは、
パソコン相互間を通信回線を使って接続し、データのやり取りを行うシステムです。
データを各パソコンに分散させるとともに、業務も各パソコンに分散させることができます。
ホストコンピュータの負荷を軽減することができ、処理のスピードも速くなります。
しかし、機器構成や処理が分散していることから、運用・保守が煩雑になり、障害時に原因究明などに時間がかかることもあります。

最近出題された用語!
垂直分散とは
クライアントサーバシステムに代表されるような、
大型コンピュータと端末を接続した処理形態です。
(例)営業所での処理をローカルのコンピュータで実行し、
全社に関わる処理は本社で実行する。

水平分散とは
それぞれがスタンドアロンで機能できるコンピュータを
ネットワークで接続した処理形態である。




↓この記事が参考になったと思われた方は、応援クリックお願いします♪ m(_ _)m



▽過去問題出題例はコチラ
テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育
No.8 / ネットワーク /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  知的財産権  2008.01.12.Sat / 12:04 
知的財産権とは、発明や著作など人間の知的活動の成果に対する権利のことです。

知的財産権

  • 産業財産権(工業所有権)
    • 特許権

    • 実用新案権

    • 意匠権

    • 商標権

  • 著作権
    • 著作者人格権

    • 著作者財産権


1.著作権
著作権とは、「思想または感情を創作として表現したものであって、文芸、学術、美術または音楽の範囲に属するものをいう」と定義されています。

コンピュータのプログラムも、著作権法による保護の対象となっています。ただし、プログラムを作成するために使われるプログラム言語・規約・解法(アルゴリズム)は、著作権法による保護の対象外です。
国や自治体が発表している資料やデータなども保護の対象外です。

著作権について

・出願などの特別な手続きは必要なく、著作物を創作した時点で権利が発生する。

・保護期間は原則として、著作者が著作物を創作した時点から、生存期間及び死後50年間(ただし、これは※著作者財産権のみに適用され、※著作者人格権の保護は永久に続く。)

・著作物が法人や団体名義である場合は、著作物が公表されてから50年間。

※著作者財産権(狭義の著作権)
複製権、上演権、演奏権、貸与権など。他人に譲渡可能。

※著作者人格権
・著作物を公表する権利(公表権)
・公表の際に氏名を公表するかどうかを選択する権利(氏名表示権)
・公表する内容を勝手に変更させない権利(同一性保持権)
他人に自分の著作物を勝手に使用されない権利のことであり、
他人に譲渡できない。




2.著作隣接権

著作隣接権とは、実演家やレコード製作者、放送事業者など、著作物を公衆に伝達する者に与えられる権利です。


3.ライセンス契約と違法コピー
ソフトウェアを購入する際、著作権者である提供者側と利用者側との間では、ライセンス契約(使用許諾契約)を結ぶことになっています。一般には、ソフトウェアのパッケージを開封することによって、契約が成立する仕組みになっています。

一定数をコピーすることが許可されるサイトライセンス契約を締結します。
あるソフトウェアを使用してよい範囲(事務所・部所など)を決め、ユーザはその範囲内にあるコンピュータに、契約をしたソフトウェアを無制限にインストールできる無限サイトライセンス契約もあります。

ボリュームライセンス契約は、ユーザは決まった数(ソフトウェアを使用してよい数)のライセンスを購入します。契約後、ユーザにはマスタが提供されます。

ここに注意!

知的財産権=著作権と覚えてしまいそうですが、
著作権は産業財産権と並んで、知的財産権の一つです。

自分が使う分のコピー(バックアップ)は○
他人にコピーを渡すのは×

会社の従業員の著作物は、
職務上の行為なら著作権は会社に帰属します!




↓この記事が参考になったと思われた方は、応援クリックお願いします♪ m(_ _)m



▽過去問題出題例はコチラ
テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育
No.30 / 法規 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  不正競争防止法  2007.12.22.Sat / 12:35 
不正競争防止法は、事業者間の公正な競争とこれに関する国際約束の的確な実施を確保するための法律です。また、技術情報や営業情報などの企業秘密(トレードシークレット)を保護する目的もあります。秘密として管理され、事業活動に有効な技術上又は営業上の未公開技術を非公開のまま保護することができます。

不正競争防止法の説明の選択肢としての出題例
  • 不正な競争を防止するためのもの

  • 商標の盗用、商品の形態の模倣の不正取得などを禁じる。

  • 出願の必要なし、保護期間も決まっていない。

不正競争防止法によって禁じられている行為の出題例
  • 本物そっくりのコピー商品を本物が販売されてから3年以内に販売

  • 広く知れ渡っている他社の商品表示と類似のものを使用

  • 競争相手に不利になるような虚偽のうわさを流す。

  • 顧客情報など秘密にしている情報を不正な手段で入手する。


↓この記事が参考になったと思われた方は、応援クリックお願いします♪ m(_ _)m



▽過去問題出題例はコチラ
No.34 / 法規 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  E-R図  2007.11.03.Sat / 14:02 
エンティティ(実体)は四角形で、
リレーションシップ(関係)はひし形で表します。
シスアド試験でのE-R図は、表(エンティティ)の関係(リレーションシップ)を『(1)→(多)』で表すものがほとんどです。
ですから、表の項目名を『(1)→(多)』の矢印で結べばよいのです。

※エンティティは「社員」などのように社員全体を表すものです。個々の社員を表しているものではありません。個々の社員を表すデータは、インスタンスと呼ばれます。

本日のポイント!

表の項目名を『(1)→(多)』の矢印で結べ!


↓この記事が参考になったと思われた方は、応援クリックお願いします♪ m(_ _)m
テーマ:検定 - ジャンル:学校・教育
No.7 / データベース /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  関係演算  2007.06.09.Sat / 09:28 
関係演算とは、一つ以上の表からあるデータを抽出し、新しい表を作る演算です。

  1. 選択演算
    条件を満たすを抽出して、新しい表を作ります


  2. 射影演算
    特定の項目だけを抜き出して、新しい表を作ります。

  3. 結合演算
    二つ以上の表を共通するデータ属性(項目)で結合して、新しい表を作ります。

  4. ※併合は、共通する項目をもつ二つの表をつなげて一つの表にすることです。
    ↑これは関係演算ではありません。しかも、名前だけで、内容は出題されません。

ポイント!

  • を取り出す→選択

  • 項目を取り出す→射影

  • 2つの表結合



  • 過↓この記事が参考になったと思われた方は、応援クリックお願いします♪ m(_ _)m



    ▽過去問題出題例はコチラ
    テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育
    No.46 / データベース /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
      SQL1  2007.06.02.Sat / 11:40 
    SQLの練習問題1

    次のようなスキーマで設計された会議室予約データベースがある。希望内容をもとに予約の入っていない会議室について、収容人員の少ない順に並べた会議室の一覧を出力したい。会議室予約表ですでに予約の入っている会議室を求めてから、それ以外の会議室として、収容人員が予約人数を満たすものを一覧出力する。
    SQLの【   】に入れる適切な字句を解答群の中から選べ。
    なお、希望内容の項目は、希望使用日、希望開始時刻、希望終了時刻、使用者数である。

    <会議室予約データベースのスキーマ
    [会議室]会議室ID,会議室名,収容人員数,時間使用料
    [テナント]テナントID,テナント名,担当者氏名,担当者連絡先
    [貸出し機器]機器ID,機器名,使用料
    [会議室予約]予約ID,受付日,テナントID,会議室ID,使用日,開始時刻,終了時刻
    [機器予約]予約ID,機器ID

    <SQL>
     
     SELECT 会議室ID,会議室名,収容人員数
     FROM 会議室
     WHERE 収容人員数>=使用者数
     AND 【 a 】【 b 】【 c 】
     ( SELECT 【 a 】
     FROM 会議室予約
     WHERE 使用日=希望使用日
     【 d 】希望開始時刻【 e 】【 f 】
     【 d 】 【 g 】【 e 】希望終了時刻
     )
     【 h 】【 i 】収容人員数

    a,f,g に関する解答群
     ア,会議室ID    イ,開始時刻   ウ,機器ID
     エ,希望開始時刻  オ,希望終了時刻 カ,終了時刻
     キ,テナントID   ク,予約ID    

    b~d,h,iに関する解答群
     ア,AND       イ,BY      ウ,EXISTS
     エ,GROUP      オ,HAVING    カ,IN
     キ,NOT       ク,OR      ケ,ORDER
     コ,SORT
        
    e に関する解答群
     ア,<    イ,>    ウ,<=   エ,>=

    ↓この記事が参考になったと思われた方は、応援クリックお願いします♪ m(_ _)m



    ▽過去問題出題例はコチラ
    テーマ:資格 - ジャンル:学校・教育
    No.51 / データベース /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
      相対参照と絶対参照  2007.05.05.Sat / 08:24 
    初級シスアドでは、計算式を一からつくるのではありません。
    選択肢から正しい計算式を選べばよいのです。
    正答のコツは、選択肢をまずみることです。
    それぞれの計算式の意味を考えて、正誤を判断しましょう。

    問題になるのは、$(ドルマーク)をどこにつけるかです。
    複写の向きをチェックします。
    1.下向きに複写の際には、行(数字)がずれるので、
      ずれないようにしないといけないところに$を付ける。

    2.右向きに複写の際には、列(ABC)がずれるので、
      ずれないようにしないといけないところに$を付ける。

    ※複写
    初級シスアド試験では、コピーといわずに、複写といいます。

    本日のポイント!
    選択肢の計算式をまず見よ!
    下向き複写は数字、右向き複写はABCが変わる!


    ↓この記事が参考になったと思われた方は、応援クリックお願いします♪ m(_ _)m
    テーマ:資格 - ジャンル:学校・教育
    No.5 / 表計算 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
      OSの役割  2007.05.04.Fri / 08:14 

    1. ハードウェアの有効活用


    2. 性能の向上
      単位時間当たりに処理できるコンピュータの仕事量(スループット)を向上させます。
      リアルタイム処理におけるレスポンスタイム(応答時間)やバッチ処理におけるターンアラウンドタイム(処理開始の指示を出してからすべての結果が得られるまでの時間)を短縮することが期待できます。


    3. 信頼性の向上

    4. 使いやすい向上


    ↓この記事が参考になったと思われた方は、応援クリックお願いします♪ m(_ _)m



    ▽過去問題出題例はコチラ
    テーマ:資格 - ジャンル:学校・教育
    No.42 / システムソフトウェア /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△

    FC2カウンター

    Since 29 January '06

    ぽちっとお願いします♪

    人気blogランキング
    人気blogランキング

    JRANKブログランキング
    JRANKブログランキング

    ナレコム学びのブログランキング
    ナレコム 学びのブログランキング

    ブログ内検索

    BlogPeopleのリンクリスト

    おすすめの参考書

    CopyRight 2006 yozoのシスアドへの道 All rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。